LED光源の分析

LEDライトは、50〜200ルーメン/ワットの効率、狭いスペクトル、優れた単色性、低電圧、低電流、高輝度特性を誇っています。

LEDは、従来の光源よりもエネルギー効率が80%〜90%高くなっています。明るい色には、白、赤、黄、青、緑、黄緑、オレンジ赤などがあります。

LED光源は、放射能汚染が少なく、演色性が高く、発光指向性が強いDCによって駆動されます。良好な調光性能、色温度が変化しても視覚的なエラーは発生しません。冷光源は発熱量が低く、省エネ効果を発揮します。

1652262334


投稿時間:2022年5月11日